葬儀辞典「やらわ行」 NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

HOME葬儀辞典 > や・ら・わ行


TOP
・大阪家族葬ドットコム
 (関西 家族葬実例)

・ ・関西版(葬儀費用実例)
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
貸借対照表の公告
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

 



まぐまぐ

Powered by

 


「あ行」 「か行」 「さ行」 「た行」 「な行」 「は行」 「ま行」 「や行」「ら行」「わ行」

言葉 意味
(や)
遺言

先人の残した言葉。

遺言執行者

遺言の内容を実現するために、一定の行為を行う職務および権限をもつ者。遺言者が指定するか、家庭裁判所が選任する。

幽霊

者が成仏(じようぶつ)できないでこの世に現すという姿。おばけ。

湯灌

仏葬で、死体を棺におさめる前に、湯でふき清めること。

依代

神や霊が出現するための媒体となる樹木、石、御幣のこと。樹木は古くから降霊の対象として信仰されていました。榊が玉串として神事で用いられているのはよく知られています。そのほか、鏡、剣、まつりの場を表示する旗、のぼりなども、「神依り木」の観念にもとづいています。広くは位牌、墓石も依り代の一種です。

(ら)
来迎

浄土教で、人が死ぬ際に一心に念仏すると、阿弥陀仏や菩薩が迎えにやって来ることをいう。

霊供膳

「霊前」ともいう死者にお供えする小さなお膳。

臨済宗

禅宗の一派。開祖は唐の臨済義玄。のち楊岐・黄竜二派に分かれた。鋭く厳しい宗風をもち、公案の工夫による修行を重視。日本では鎌倉初期に入宋した明庵栄西(みようあんえいさい)が黄竜派の禅を伝えたのに始まる。その後の伝来は楊岐派の系統が圧倒的。鎌倉・室町時代に大いに興隆し、室町幕府は五山の制をつくって保護した。

臨終

死に臨むこと。

霊安室

(病院などで)死んだ人を一時安置する部屋。

霊柩車

遺体を納めた柩(ひつぎ)を運ぶ車。

霊魂

肉体に宿ってそれを支配し、精神現象の根源となり、肉体が滅びても独立に存在することのできるもの。

霊璽

天皇の印を敬っていう語。

蓮華

ハスの花。

六字名号

「南無阿弥陀仏」の六文字のこと。浄土宗、浄土真宗で本尊のかわりにおまつりします。また法事のときには「南無阿弥陀仏」の名号の掛け軸を、掛ける場合があります。

六道輪廻

衆生(しゆじよう)が自分の業(ごう)により、六道の間を生まれ変わり死に変わりして迷い続けること。

六文銭

家紋の一。六枚の銭を図案化したもの。信州真田家の家紋として知られる。

(わ)
別れ花

納棺あるいは、出棺時に死者に手向ける花。棺の蓋を開け、葬儀に供えられた花を遺体の周囲に飾ります。この最後の対面は、遺族、近親者で行います。また棺には故人の愛用の遺品を入れ、棺の蓋をします。

和讃

声明(しようみよう)の曲種の一。日本語(韻文)の歌詞による仏徳賛美の歌。梵讃(ぼんさん)・漢讃(かんさん)に準じて、平安時代以降盛んに作られた。良源・源信・親鸞・一遍などの作が有名。今様(いまよう)歌の源流でもある。


今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.