葬儀辞典「か行」 NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

HOME葬儀辞典 > か行


TOP
・大阪家族葬ドットコム
 
(関西 家族葬実例)

関東版(葬儀費用実例)
関西版(葬儀費用実例)
家族葬専門サイト<東京>
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

【関東版】葬儀費用研究会

 

【東 京】家族葬専門サイト


 



まぐまぐ

Powered by

 


「あ行」 「か行」 「さ行」 「た行」 「な行」 「は行」 「ま行」 「や行」「ら行」「わ行」

言葉 意味
開眼供養

新しく作った位牌や画像やご本尊を賛嘆供養し、神威を迎えること。仏壇を初めて購入した場合には、新しく本尊をお迎えするために僧侶を招き、開眼供養ををします。このときの法要は宗派によって違います。真宗本願寺派では入仏式、大谷派では御移し、また他の宗派によっては仏壇開き、入魂式とも言います。お墓を立てたときの建碑式も同様に行います。

改葬

一度葬った遺体や遺骨を、他の場所に葬り直すこと。

戒名

仏式で、死者に僧侶がつける名前。

火葬

死体を焼き、残った骨を葬ること。また、そういう葬法。日本では、700年に僧道昭が遺言により火葬に付されたのが文献

形見分け

故人の残した物を形見として近親者に分けること。

月忌

故人の命日にあたる毎月の日。また、その日に行う仏事。

合掌

仏を拝む時のしぐさ。両手のひらを顔や胸の前で合わせて拝む。インドの礼法で、仏教によって日本へ伝えられた。

カトリック

カトリック教会。また、その信仰、信徒。カソリック。

神棚封じ

死者を出した家の神棚を閉め、合わせ目に白い紙を張り、死の汚れを防ぐこと。扉がないときは神棚の上部から白い紙を張り下げ、忌明けまで閉じておきます。

仮通夜

日取りの関係や近親者が遠方など、時間がかかる場合「通夜」を2日間にわたって行う。このとき、1日目を「仮通夜」と呼び、家族や近親者で死者を見守ります。

棺掛け

棺を覆う布。仏式の場合に金襴の「七条袈裟」を使います。神式では白布で覆います。

還骨法要

火葬した遺骨を持ち帰って行うお勤め。遺骨と遺影、線香、ローソクを小机に置き供養します。最近はこれにあわせて、初七日の法要を繰り上げて行うようになりました。地方によっては、このとき四十九日、さらに百ヶ日の法要をするところもあります。

灌頂

菩薩が最終の位にはいる時、仏が智慧の水を注ぐこと。墓参りなどのとき、墓に閼伽(あか)の水を注ぎかけること。

忌明け法要

四十九日目の忌明け(満中陰)に行う法要。中陰の期間には死者が善処に生まれることを願って、七日ごとに仏事を行うが、忌明け法要はその期間の最後の法要となります。日本でも756年の聖武天皇崩御のとき、七七斎会を修したことが記録されており、17世紀ごろから四十九日の法要が盛んに行われたと言われています。

帰依

神仏や高僧などのすぐれた者を信じ、それによりすがること。

北枕

頭を北方に向けて死人を横たえること。釈迦涅槃(ねはん)の像にならうという。

忌中札

喪家の入口に「忌中」と書いて貼る札。入口に簾を裏返しにして垂らし、墨で黒枠を付け、中央上部に忌中と書くのが多いようです。なお、通夜、葬儀・告別式の日時が決まったら「忌中」の下に書き添えます。

忌服

近親が死んだとき、一定の期間、喪に服すること。服忌。服喪。

キャスケット

日本でいう「棺」のこと。キャスケットは「宝石の小箱」「貴重品入れ」から転じた言葉で、土葬用の装飾された立派な棺のことをいいます。欧米では、木棺だけでなく、大理石などで作られたさまざまな種類のキャスケットがある。

供花

仏や死者に花を供えること。また、その花。

経帷子

仏式で死者を葬るとき、死者に着せる着物。薄い白麻などで作り、衽(おくみ)や背に名号・題目・真言などを書く。

経机

読経(どきよう)の際、経の本・経の巻き物を載せる机。

経典

仏の教え、信仰の規範を記した典籍。仏経。経。内典。ある宗教の基本的な教義などを記した書物。

曲録

僧が法事のときに用いる椅子の一種。背もたれの部分が丸く、交脚の折りたたみ式のものが一般的です。

清め塩

火葬場から帰宅したさいに、玄関先で手を洗い身体に塩をふりかけて清める習慣。またはその塩。本来はケガレを嫌う神道の伝統からきています。古来からみそぎは海水に効力があるとされ、遠距離から運ばれることもあり、それを塩が代用するようになったという話があります。

釘打ち

出棺の前に遺族が小石を使って、棺の釘を打つ儀式。釘打ちは2,3度軽く打ちます。石は三途の川のほとりにある石を表わし、死者が三途の川を無事に渡れるように願って打つものです。

繰り出し位牌

一つの位牌に何枚もの位牌札を、命日順に揃えて入れたもの。繰り出し位牌は本尊に向かって右に、新仏の位牌は向かって左に置きます。

袈裟

インドで仏教者の着る法衣(ほうえ)のこと。中国・日本では衣(ころも)の上に左肩から右腋下へかける長方形の布をいう。インドの法衣が形式化したもので、小さい四角の布を縫い合わせて作り、中国・日本では次第に色や布は華美なものが用いられるようになった。宗派によって各種の形式のものがある。功徳衣。無垢衣。福田衣。忍辱鎧(にんにくがい)。卓衣。

結界

ある目的のために、界を結んで空間を打ちと外に分け、内側を浄(聖)、外側を不浄(俗)とに区分けすること。葬儀においては、幕などで結界をつくります。神道ではしめ縄が、これにあたります。密教では、修法によって一定の地域に汚れを入れないために結界地とします。聖と俗とを区別し結界するための境界線は、方形・鼓形・半月形など幾何学形としてあらわされ、その内部は仏・菩薩が降臨する中心の場所であり、その救済力が凝集している聖なる空間です。また最澄が比叡山に女人を近づけなかったことにはじまり、高野山で境界域に結界石を置き、女人堂を建てる女人結界。このほか仏堂内を内陣と外陣に分ける木の棚を結界と呼ぶことがあります。

血脈

祖先から受け継いだ血のつながり。血統。

献花

霊前などに花を供えること。

献香

香をたいて神仏に供えること。

香典

香のかわりに霊前に供える金品。香料

香典返し

香典を受けた返礼に物をおくること。また、その物。

香炉

香をたく器。金属・陶磁・玉・漆器などで作る。

五具足

仏前に供える、燭台(しよくだい)・花瓶(けびよう)の各一対と香炉の五つの仏具。五器。

居士

在家の男子であって、仏教に帰依した者。男の戒名の下につける称。今日では浄土真宗以外の諸派で、戒名に用いています。

骨上げ

火葬のあと、遺骨を拾い骨壷に納めること。拾い方は箸を用いて、二人が一片の骨を同時に挟んで骨壷に納めるか、一人が箸で挟み、それを他の人へ渡して骨壷に納めます。

骨壷

火葬したお骨を入れるための壷。火葬が盛んになるにつれ、骨壷は欠かせない葬具の一つになりました。材質は銅、ガラス、陶器、大理石などさまざまです。お骨を納めた骨壷は針金で縛り、桐の箱に納めて白布で包みます。


今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

知って役立つ葬儀便利帳
葬儀関連姉妹サイト

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.